FC2ブログ

心が揺れるのは生きている証

このブログは人生の転換期を迎えた私が、転換期とは知らず、もがき苦しみ、道の途中で新たな生き方&思考・新たな自分の構築を模索しながら生きてきた証です。(現在進行形)


正攻法②の後のこと

効いたのは、私が仕掛けた日の夜だけでした。
私が眠りにつく前までw

私が眠りについている間に、もう一つのブログでも書いた通り、、

私の歯に、人工甘味料とヒリヒリする何かを塗布&唇に安定剤を水に溶かしたものを塗布…

…という卑劣なやり返しを受けました(笑)




ちなみに、歯ブラシと歯間ブラシに異物塗布は、、
もったいないのですが…、毎日新しいものを使うことで免れ、自分の身体を守っている状態だったのですが…

さすがに、寝ている間の歯も唇も守りきれません(困惑)。




(ちなみに、歯間ブラシは、今まで隠したことのない場所に隠して、使っています♪

歯間フロスも使っていて、それにも嫌がらせめいたことは、され済みなのですが、、
それは、隠すのが難しいので、他の場所に隠さず放置。

でも、そろそろ隠した方が良いかもしれない…歯間からも人工甘味料的な甘いものが出てくる時あるし、今も痛いからorz)




数日前に、毎夜使っていた歯ぎしりから歯を守る為のナイトガードの内側には、強烈に苦い何かを塗られてしまって、使い物にならず、もう片側(上側)だけでも歯を守れるものは、今は無いです。

(監視カメラは、まだ買えていなくて、映像の証拠も、もちろん撮れていない)




上記の、毒母からの卑劣なやり返しを受けた、その翌日の昼に、拝○屋さんからのアドバイスに従い、私がやんわり指摘したものの…(実は、これ、今日の昼のことw)

やっぱり、知らぬ存ぜぬで知らばっくれてきたので、イラッとした私がハッキリと指摘。

それでも、知らぬ存ぜぬで知らばっくれ、いつものように、「味覚障害じゃないよねー」と言い返してくる始末w




で、その後、意地悪おば 姉妹来訪で、毒母が、その話を出して味方につけようと話を出しました。

その間も毒母は、「私は、やってないし知らないんだ。」と被害者面を貫き、顔を歪ませながら涙を流し同情を誘っていましたが…

(さっすが!境界性人格障害。被害者ぶった演技に入り込むの上手いですよねー)




私の堪忍袋の緒が切れた時に出した話が、私が訴えていることに説得力を持たせたのか(?)… 少し効いたようです。

これも、一時だけでしょうけど(笑)
もう、何度か毒母に話している話なんですがw




「還暦を超えているにもかかわらず、お父さんは、自分の身を振り返ったからか…
私に、もう、自分のモヤモヤとか、私を当て馬にして晴らしたりだとか…

私が嫌がることはしなくなったし、努力しているのが見えるよ?

それなのに…お母さんは、いつまでも被害者ぶっていて、自分の身を振り返ろうともしないし、努力が見えない。

私が指摘しても、嫌がらせをやめない。

私が指摘しても、「知らぬ存ぜぬで、理解できない」とか口にしている時点で、もう終わってんのよ 。
話が通じない。」などと、祖母とおば姉妹の面前で、私が言い渡しました。




父に関しては、他の記事で何度も書いている様に…
主治医からのアドバイスをなるべく実践してきたことと、それプラスαで拝○屋さんからのアドバイスも、なるべく実践してきた私の努力が実ったかたち。

(もちろん、アドバイスを何度もして下さった二人には感謝しています。)




ラスボスな毒母との件は、 もう少し続くでしょうね…

まさに、こいつさえ居なければ…な人種。
母親を取り替えたいw

私は、自分の人生を前に進ませようとしているのに、なぜ、こうまでして、我が子の足を引っ張る行為をし続けるのかが分かりませ…嫉妬でしょw

まったく、邪魔以外の何物でもないです(怒)





関連記事
スポンサーサイト

<< 前に進もうとしていることの一つ  TopPage  これが、毒母への正攻法!② >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 




Copyright ©心が揺れるのは生きている証. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad