FC2ブログ

心が揺れるのは生きている証

このブログは人生の転換期を迎えた私が、転換期とは知らず、もがき苦しみ、道の途中で新たな生き方&思考・新たな自分の構築を模索しながら生きてきた証です。(現在進行形)


次の心療内科受診へ同行する、毒母の策略

なぜか、今日の畳まれた洗濯物からは、異物臭がしなかった(笑)

おそらく、次の心療内科受診へ同行する時のためだと思われる。





先日、私の父の姉の旦那である、元刑事事件を長年担当していた、元警察官である、おじさんが来訪時、ギロチンに頭を突っ込んでるような青ざめた表情だった毒母。

この時と同じ状態で、(犯罪)心理に詳しい人を目の前にしたときに、自身を堂々と正当化するためのことなんだと、私は思う。
次回は、もちろん、私の主治医に対して。




娘が主治医である先生に話していることは、全部が嘘で、、
母である私が話すことが、全部本当のことなんですよ…とでも、言いたいんじゃないかな。





あとは、私の精神を潰すために、私を悪く言ったり、

そうかと思えば、先生を遠回しに否定攻撃してみたり…

逆に、ヨイショして、私を悪く言うように口を滑らせるように話を持っていくとか…

何かあるでしょ。きっと…

主治医が、どう考えて対応するかは、私には、分からないけど…









演技派である毒母が、私にやっていることが、アイツと同じなんだがw

周囲には、イイ人ぶっておいて、身近な人には攻撃し放題。

(これが、大人の振る舞いだというなら、私は大人にならなくていいですw)

その被害者には、自分で仕掛けておいて、相手が反応したら、すかさず、あなたが悪いwという批判攻撃!
そして、私が被害者なんですと、本当の被害者や周囲(自分の旦那)に訴えるw

娘(相手)が、オカシくて、母である私(自分)が正常なのよ…とかね。





関連記事
スポンサーサイト

<< おそらく、こうだと…私は、思う。  TopPage  毒母からの嫌がらせの追記 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 




Copyright ©心が揺れるのは生きている証. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad