FC2ブログ

心が揺れるのは生きている証

このブログは人生の転換期を迎えた私が、転換期とは知らず、もがき苦しみ、道の途中で新たな生き方&思考・新たな自分の構築を模索しながら生きてきた証です。(現在進行形)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 自民党・公明党に票を入れる人も、頭ん中お花畑なのかと思う。  TopPage  風邪菌に見初められて寝込んだ >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 


毒母は、我が子から復讐されるべき。

例えば、30年間我が子を見下し尊厳を踏みにじってきたならば、同じく向こう30年かけて、我が子から見下され尊厳を踏みにじられるべきだと、私は思う。

これは、『因果応報、上等!!受けて立つw』という勇ましい心の持ち主だけ、自己責任で、やったらいいと思う。

そうまでしなければ、積年の恨みは溶けないだろうと思うから。




“親を尊敬しなければならない”とか、、
“大事にしなければならない”とか、、

“悪口を言ってはイケナイ”とか、、
“家族は仲良くしなければならない”とか、、

「これらをしない人は、オカシイ…」などと、キレイごとを言う偽善者どもは消えろ。
それこそ、頭の中お花畑~なんじゃね(笑)





世の中には、親に頭のオカシイ連中が確かにいて、健全な親子関係を築けず、我が子を不幸に陥れて悪びれず、生きている人たちが存在する。

健全な親子関係が築けない遺伝子を持つ人は、子どもを作ってもいいけれど、自分で育てるのは禁止にして欲しいくらい存在している。





“子どもは、神の化身であり、預かりもの”

授かりもの(貰いもの)ではないのに。
いずれ、お返しする時までに、育て上げさせて頂くもの。






これ、分かっていない親、多すぎ(笑)

だから、我が子をぞんざいに扱って良いわけがない。

存在することを神に許されている、神の分霊が入った一人ひとりの我が子を大切に扱うべき。


それが、出来なかった毒親は、我が子から復讐されるべきだと、私は思う。






関連記事
スポンサーサイト

<< 自民党・公明党に票を入れる人も、頭ん中お花畑なのかと思う。  TopPage  風邪菌に見初められて寝込んだ >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 




Copyright ©心が揺れるのは生きている証. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。